page top
医療法人青樹会 一之瀬脳神経外科病院
9:00~13:00/13:30~17:00(日曜・祝日・土曜午後 休診)
0263-48-3300
ホーム » 検診のご案内 » PET/CT健診 » よくあるご質問

PET/CT健診 よくあるご質問PET/CT健診 よくあるご質問

よくあるご質問

PET/CTに関して、よくあるご質問をQ&A形式にまとめました。詳しくはお問い合わせください。

  • どのようにしてがんを発見するのですか?
    PET/CT検査で注射する薬は、ブドウ糖によく似た放射性医薬品です。正常細胞に比べて、約3~8倍ものブドウ糖を吸収、消費するがん細胞の性質を利用し、がんを見つけ出します。体内にその薬剤を入れるとがんの病巣に多く集まるため、その様子を画像化し、がんの場所、大きさなどを知ることができ、早期発見に非常に役立ちますます。
  • すべてのがんがわかるのですか?
    上記にもありますが、広い有効性が認められていますが、万能というわけではありません。微小ながんは発見できません。
    胃がん、肝臓がんや薬剤排泄のルートである腎臓、膀胱などの部位については、薬剤が集まりやすいため(尿として排出されるため)、判別の難しい部位となります。
  • 転移したがんはわかりますか?
    はい、わかります。一度の検査で全身を検索できるので、がんの転移を発見するのに大変役立ちます。
  • PET/CT検査で良性か悪性かわかりますか?
    良性・悪性の違いは、FDGの集積の強さの違いから推測します。全ての腫瘍で悪性か良性かがきちんと識別されるわけではありません。
  • PET/CT検査に痛みは伴いますか?
    検査の前に薬剤を注射で投与しますが、PET/CTの検査自体では一切痛みはありません。
  • 所要時間はどのくらいかかりますか?
    お選びいただくコースにより異なりますが、注射や、安静時間を合わせて全体で約3時間ほどとなります。詳しくはお問い合わせください。
  • 健康保険で受診できるのですか?
    PET/CT検査では、保険適応の範囲が決まっております。まずはご相談ください。
    医師により、がんの疑いがあると認められた方、がんの既往歴があり再発が疑われた方などが適応となります。多くの場合、紹介状が必要です。
    健康診断(がん健診など)の目的で受ける場合には、保険適応にはなりません。
  • 糖尿病でもPET/CT検査を受けることができますか?
    糖尿病の方は、診断精度が下がる場合があります。一般的には血糖値が150~200mg/dlを超えている場合、正確な診断は難しいと考えられています。検査ができるかどうかは医師にご相談ください。
  • 閉所恐怖症ですが、検査は受けられますか?
    程度によりますが、PET/CT装置はMRIほど狭くはありません。また大きな音もしませんので安心して検査を受けていただけます。検査予約前にご相談ください。

PET/CT健診のご予約はこちら

▲ このページの先頭へ