page top
医療法人青樹会 一之瀬脳神経外科病院
9:00~13:00/13:30~17:00(日曜・祝日・土曜午後 休診)
0263-48-3300
ホーム » 検診のご案内 » 乳がん検診

乳がん検診乳がん検診

ピンクリボン

定期的な検診で早期発見を!

乳がんにかかる女性が増えています。
もともと、日本では発症率の低かった乳がんが近年になり急増しています。発生率は20年間で約2倍になりました。食生活の欧米化や出産の高齢化など いくつかの原因が指摘されていますが、はっきりとはわかっていません。日本における乳がん発生の特徴は30歳代後半から増え始め、ピークが40歳代にあることです。つまり、他の悪性腫瘍と異なり、比較的若年で病気にかかることが多いということです。乳がんで亡くなる女性は年間で約1万人に達するといわれ、40歳~50歳代の悪性腫瘍死亡原因の1位になりました。

乳がんは早期に発見すれば治りやすいがんです。しこりができる前(0期)、しこりができても2cm以内(I期)であれば、約90%で病気の治癒が期待できます。だから、早期発見が大切です。乳がんの発生率の高いアメリカでは乳がん発生率は低下していませんが、乳がんによる死亡率は近年、確実に低下しています。マンモグラフィ(MMG)による乳がん検診を多くの女性が定期的に受診していることが影響しているとされています。

乳がんの危険因子のうち代表的なものは以下の8項目です。いくつか当てはまるようならば積極的に検診を受けましょう。

  1. 年齢40歳以上
  2. 30歳以上で未婚
  3. 出産経験がない女性、初産が30歳以上の女性
  4. 初潮年齢が低い女性、閉経年齢が遅い女性(55歳以降)
  5. 肥満(特に50歳以上で標準体重の20%以上)
  6. 良性の乳腺疾患にかかったことがある女性
  7. 家族(特に母・姉妹)で乳がんになった人がいる
  8. 過去に乳がんになったことがある

乳がん検診の内容

もともと視触診を基本に始まった日本の乳がん検診ですが、2000年に厚生省(現厚生労働省)からの通達でマンモグラフィ検診の導入が始まりました。

2001年に公表された、厚生労働省がん検診の適正化に関する調査研究「新たながん検診手法の有用性評価」報告書では、視触診単独による乳がん検診には 乳がんによる死亡率現象の効果がない、とする相応の根拠があるとされ、2005年度からはマンモグラフィが乳がん検診の基本となり、視触診単独検診は廃止されました。

マンモグラフィ検診(MMG検診)

マンモグラフィは乳房のレントゲン撮影のことです。乳房を台と透明な板で挟んで薄くのばした状態で撮影します。しっかりのばすことで乳腺を鮮明に 撮影でき、病変をはっきりと抽出できます。また、放射線量を軽減でき、被爆量も低くすることが可能です。ごく早期の乳がんは多くの場合、微細な石灰化 (カルシウムの固まり)を伴うことが知られています。マンモグラフィはこの石灰化を明瞭に抽出する唯一の手段です。石灰化だけでみつかった乳がんは ごく早期で、手術による治癒が期待できます。

超音波検診

乳房にゼリーを塗って、プローブと呼ばれる小さな器具を直接あてて検査をします。痛みはなく、被爆の心配もありません。
乳房内の「しこり」(腫瘤のこと)のスクリーニングに使います。「しこり」を探す検査としては非常に有用と考えられています。30歳代、40歳代では 乳房内に乳腺組織がしっかり残っています。そのため、マンモグラフィでは乳腺組織が邪魔になり「しこり」が発見できないことが多くあります。 マンモグラフィに超音波検診を併用することで、「しこり」と「石灰化」に対して最良の検診とすることが可能です。

女性技師が担当します

「NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」にて撮影A認定を取得した女性技師、読影A認定を取得した読影医が担当します。読影には県下初となるCAD(キャド)を導入致しました。コンピュータが画像の異常を自動的に判定します。CADを併用して読影することで画像の見落としを防ぐことができます。

基本費用

検査 料金(税別) 所要時間
デジタルマンモグラフィ+乳腺エコー検査セット 8,500円 40分
デジタルマンモグラフィ検査 5,000円 20分
乳腺エコー検査 4,000円 20分

※セットコースは団体割引き(5名様から)がございます。
※検査結果はご郵送にてお知らせいたします。
※お問い合わせ、ご予約は受付専用電話:0263-48-3601にて承ります。

当院は、松本市乳がん検診の実施医療機関です。対象となる方は費用の補助が受けられます。

【検診料補助の対象となる方】
松本市に住民票のある方で、30歳以上の方 ※当日は窓口で保険証や免許証などで、ご住所の確認をさせていただきます。
【実施検査内容と料金】
乳腺エコー検査、視触診、問診票提出:窓口でのお支払い 1,980円(30歳以上の方が対象)
マンモグラフィ2方向、視触診、問診票提出:窓口でのお支払い 2,000円(40歳以上の方が対象、2年に1回)
【各市町村発行の無料クーポンをお持ちの方】
マンモグラフィ2方向、視触診、問診票提出:お電話の際に「無料クーポンマンモグラフィ検診希望」の旨、お申し出ください。

当院の乳がん検診メニュー

安心、快適に検診を受けられるように整備いたしました。
マンモグラフィ撮影担当技師、乳腺超音波検診担当技師は全て女性です。当院ではマンモグラフィ検診と超音波検診を組み合わせています。

マンモグラフィ撮影室

マンモグラフィ専用の部屋を整備致しました。撮影室内の更衣スペースはカーテンで仕切り、更衣時に利用していただけるように専用の鏡も備え付けてあります。

マンモグラフィ撮影装置

乳がん検診

GE製Senograph DSという機種(マンモグラフィガイドライン適合)を導入しました。この装置は一般的なフィルムのマンモグラフィとは異なり、デジタルマンモグラフィ撮影装置で撮影画像は写真ではなくモニター画面に表示されます。撮影後すぐに画像がモニターに表示されるため、画像の確認が 直後に可能で、1人にかかる撮影時間を大幅に短縮できます。また、従来の機種に比べて撮影時の被爆量も軽減しています。これからのマンモグラフィ撮影装置です。

超音波装置

乳がん検診

東芝製Aplio EVを導入致しました。乳腺、甲状腺など表在領域が鮮明に検査できる機種です。乳腺内の「しこり」や乳腺の異常な形(構築の乱れ)の有無を検査します。検診は熟練した女性技師が担当します。

異常が見つかったら…?

必ず専門医を受診ください。どこに行ったら良いかわからない場合は相談して下さい。適切な施設をご紹介します。当院でも精密検査(乳腺MRI、超音波、マンモグラフィ拡大撮影、吸引細胞診、針生検、マンモトーム生検など)を行っていますが、外科や乳腺外科からの先生の紹介で検査をしています。まず、専門医を受診ください。

ピンクリボン

▲ このページの先頭へ