page top
医療法人青樹会 一之瀬脳神経外科病院
9:00~13:00/13:30~17:00(日曜・祝日・土曜午後 休診)
0263-48-3300
ホーム » 院内感染対策指針

院内感染対策指針院内感染対策指針

1:院内感染対策の基本的な考え方

患者・医療従事者・地域への医療関連感染の発生を未然に防止することと、発生した感染症が拡大しないように速やかに制圧、終息を図ることを目的とする。感染対策マニュアルを作成し、患者・職員の健康管理や、院内環境の整備・衛生管理を行い、感染予防および感染症の発生状況を把握し、発生した場合は、速やかに適正な対応に努める。

2:院内感染対策のための委員会

  1. 院内の医療安全管理委員会のもとに、感染対策委員会を設置する
  2. 委員会は、別紙委員会規定のとおり活動する

3:院内感染対策のための従事者に対する研修に関する基本方針

  1. 院内感染対策研修会開催し、全職員の感染制御等に関する知識を高め、感染対策の重要性を自覚するよう職員教育の企画遂行を実施する
  2. 研修方法
    ・年2回開催(院内勉強会の時間帯を利用する)他に必要に応じて開催する ・院内感染対策のための基本的な考えおよび具体的方法について行う

4:感染症の発生状況の報告に関する基本方針

  1. 院内感染発生時および発生が疑われる際の患者対応を含め、院長へ報告する
  2. 院内感染症の発生動向の情報を職員が共有することで、院内感染の発生の予および万延の防止を図る
  3. 重大な感染症が発生した場合は、地域の専門家に相談する
  4. 情報共有方法
    ・発生時は、検査科より第一に関係部署に、ついで各部署長に報告する
    ・関連部署は、全職員に周知させる
    ・検査科は、発生毎に感染症発生記録を病棟に渡す
    ・病棟は、診療会議にて毎月の発生状況を報告する

5:院内感染発生時の対応に関する基本方針

  1. 院内感染発生時は、院長に報告するとともに、感染対策委員会に報告し、感染対策マニュアルに沿った対応をする
  2. 感染症が発生時は、内容を調査・分析し迅速に対応し対策を講じ再発防止に努める
  3. 重大な感染症が発生した場合は、感染対策委員会を招集し、対策を検討し実施する

6:患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

この指針は、当院利用者が、ホームページ等を利用し自由に閲覧できるようにする

7:その他院内感染対策の推進のために必要な基本方針

重大な院内感染等が発生し対応困難な場合は、保健福祉事務所等行政機関に相談する

▲ このページの先頭へ